ダイエットをすると停滞期が起こってしまう

体のどのような仕組みが要因で、ダイエットをすると停滞期が起こってしまうのでしょうか。ダイエットの
停滞期が起こるには理由があります。どんなに危機的な状態でも体がある程度は機能するように、人間の体
には、ホメオスタシオスという働きがあるといいます。エネルギーの吸収率や代謝などをコントロールして
、体温や血糖値などを人が生存できるだけの数値をキープさせるようにする機能です。食べ物を何かの理由
で体内に摂取しないことを続けると、体を生存させるための機能を、体は危機的状況と判断して働かせるの
です。一回の食事から吸収するエネルギー量を増加させたり、低カロリー摂取でも体内のエネルギーが不足
しないように代謝を低下させたりするのです。これが原因でダイエットの停滞期が起こります。あまりカロ
リーを摂取しなくても、基礎代謝や運動するときのカロリーが減るのを抑えて体を存続できるようにするの
です。生きていくためには必要な機能ですが、ホメオスタシオスが働くとカロリーが消費されにくくなり、
ダイエットしても体重が減りにくくなります。ダイエット時の停滞期はこのような働きによって起こります
。停滞期中の体は、エネルギーをなるべく制御して使用するようになります。わずかでも余裕があれば体脂
肪として体に溜めておこうとします。ホメオスタシオスの活動を、脳がカロリー不足の状況ではまずいと判
断し、促進させているからです。ダイエット中に停滞期が起こるのは体の機能として当然のことだといえる
でしょう。ダイエットがしっかりとできているという証明でもあるので、大事なのは停滞期にきちんと対策
を取ることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダイエット商品には様々なものがあるのでそれについて解説しています。