女性ホルモンの分泌はお肌にしみやしわができるさまざまな要因のひとつ

女性ホルモンの分泌は、お肌にしみやしわができるさまざまな要因のひとつとしてあげられます。女性の心や体に深く影響を与える女性ホルモンは、卵巣でつくられるものです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、エストロゲンの分泌量が多いとしみやしわの少ないハリのあるお肌になります。2つのホルモンのバランスでしみが増えたり、肌の乾燥が進んだり、にきびが増えることもあります。ホルモンバランスの乱れがきっかけでできるしみだといわれているのが、肝班です。できやすくなるのは妊娠や月経不順でホルモンバランスが乱れるときで、特徴は左右対称に出てくることです。しっかりと基礎体温を計測してみて、高体温期と低体温期の差がないような時に崩れているのがホルモンバランスです。しみや肌トラブルがホルモンバランスの崩れによってできたときには、ホルモンのバランスが良くなれば同時に解消されるでしょう。ホルモンが乱れている時は、肌が紫外線に弱い状態になっていますので、紫外線予防に特に力を入れる必要があります。ホルモンバランスを整える時に、おすすめなのが大豆加工品です。エストロゲンに似た性質があり、美肌に有効だと言われているのが、大豆に含まれる大豆イソフラボンです。ホルモンバランスにも気をつけて、しみやしわを改善していきましょう。